京浜急行の終点「三崎口」から、さらにバスで20分。
休日は新鮮な魚介を求める買い物客で賑わう三崎港にある
三浦半島最南端(たぶん)のうどん屋さんへ!

3E36AA3A-1E36-42EF-9750-85DE647F661591F78BD2-6D79-4F2D-93FA-0160AE25E39A

はるかぜ

マグロ料理なんかのお店が軒を連ねるメインストリートからは一本、いや、2〜3本?
奥まった通りに佇ずむ、看板がないとお洒落カフェにしか見えないうどんやさん。

この立地だったら「潮風」って名前にしそうなもんですが、あえて「はるかぜ」。
あっ、店名の由来も聞いておけばよかった。

BE3F68E3-8507-42CA-807C-F2F2D45E8E9C

緑いっぱいの店内。
店先ではお店で提供するハーブも自家栽培しています

6CBB337D-5DBE-4224-894A-42ED109D419A

カウンター&テーブル2卓。ほんとお洒落カフェにしか見えませんわ

●MENU●

71366241-EC4D-4996-A1F1-1BDCD03C2B8C


38BD3155-B672-4420-8A75-09933F3693BF


9DBE569F-13A0-427E-AE92-D2A245674B1C

食べるもんは、はんつ遠藤さんが雑誌で紹介していた「パクチーまぐろうどん」に
決めていたはずなんですが・・・「季節のおうどん」を見ると、なななんと!!!

「マグロの生ハム」

って何じゃそりゃ〜〜〜!?って感じで、即決w
+200円でサラダとコーヒーが付くランチセットでオ〜ダァ〜!!

318038B1-25A3-4BC0-BE77-7ADF7615EDF9

まずは山盛りサラダ

733670BE-3B46-487C-A97C-B009968A54F9

ミョウガと青じそ、そして柔らか甘〜い三浦キャベツ(たぶん)。
黒酢のドレッシングがめちゃ旨っ

4CDBE93F-68D7-4944-B83A-0F14153AB56F

◆まぐろの生ハム冷製クリームうどん 900円

2CAE3252-11AE-4445-89A7-F6128A42737B

中央に鎮座するのはマグロの生ハム。ケイパーがあしらわれて彩り良し
「フレンチパセリ」とも呼ばれる「セルフィーユ」(チャービル)とイタリアンパセリ
Wパセリ使いがニクイですね〜 

A56A7111-C148-491A-ABC0-6DD99EDC5A01

おうどんは、がっちり踏んだ感じのつるっつる美肌弾力麺

「はるかぜ」って店名から、勝手に優しくふっくら「やわうどん」を想像していたので
大きく裏切られるの巻でしたw このがっちりうどんがご主人自己流ってんだから凄い!

C370F47B-FDBA-44FB-AF73-70BB4A1448B1

生ハムは臭みもなく、マグロの旨味が凝縮してて旨し!!ケイパーの酸味も◎
クリーミーなソースはさらっとスッキリ。ブラックペッパーがいい仕事してます。

7DD764E4-BDC4-4F1B-81B8-98B3BB0D46DA

食後はまろやかで香り高いアイスコーヒー。
食べ終わるタイミングを見計らって、丁寧に淹れてくれました。

いやぁ〜、三浦半島の突端に、こんなお洒落なうどん屋さんがあったとは。
金、土、日、月の週4日営業なので、週末に三浦半島を訪れる人は是非っ!!
「まぐろきっぷ」提携で大行列のまぐろ屋さんよりも、もっとディープでレアな
マグロを味わえるかも
夜営業は20時までですが、お酒やおつまみも充実。
終バスに遅れない程度にw時間の許す限りちょい呑みなんてのもいいですね〜




うどん はるかぜうどん / 三浦半島その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.8