お箸で切れるトンカツで楽しむビールの宴!!

IMG_2741

とんかつ まい泉 青山本店

1965年の創業以来、「箸で切れる柔らかとんかつ」の店として絶大な支持を得る老舗
まい泉のとんかつには、創業者の素材、技術へのこだわりがいっぱいに詰まっています。

IMG_2742

駅やデパ地下での販売の他、首都圏を中心に国内で13店舗の直営レストランを展開。

今回は事業を展開するサントリーさんからお招きをいただき、
青山本店にお邪魔して来ました!!

元は銭湯だったという、和モダンな湯船を改造したダイニング。
美脚の女性に続き入店!!

IMG_2743

ダイニングのさらに奥には大箱の個室の宴会場
まい泉で宴会ってイメージはなかったけど、しゃぶしゃぶコース等が評判だそう♪

IMG_2746

まずはプレモルでお疲れちゃ〜〜〜ん☆当然「超達人店」ですよ〜!!

IMG_2748

ビールの友には、まい泉さんの隠れた看板メニュー「カニと胡瓜のサラダ」

創業当時から受け継がれたレシピの、胡瓜のシャキシャキ食感を重視したサラダは
ビールが進んで困るやつですよ(●´ω`●)

続いては今回は特別に、とんかつのパン粉付けの工程の実演を披露です♪

パン粉を付ける事が出来るのは、「パン粉付けマイスター制度」に合格した社員のみ。
講習会で技術を学び、厳しい実技試験・筆記試験をクリアした「マイスター」社員は
現在は30名のみ。さらにその中の頂点「グランドマイスター」は現在は4名のみ。
今回はその「グランドマイスター」による実演を拝見させていただけました♪

IMG_2773

揚げる前の黒豚には、筋を切り、たたいて肉の繊維をほぐし整形するという、
丁寧な下ごしらえが施されていました。これこそが柔らかなとんかつの秘訣!

IMG_2771

まい泉指定した焼かれたパンから作られる専用のパン粉。
触らせてもらうと・・・むっちゃふわっふわ〜!!

IMG_2764

「パン粉付けマイスター制度」で伝承される、職人さんの技術を惜しげもなく披露!!
てか見ただけじゃ真似は出来ませんけどねw

IMG_2766

仕上げは体重をかけ、お肉とパン粉を密着させます!!

IMG_2772

美しく花開いたように衣付けされた状は「剣立ち」と呼ばれるそう。

それでは早速いただきましょう〜ヽ(=´▽`=)ノ

IMG_2777

◆黒豚ロースカツ

まい泉のとんかつはひまわり油100%で揚げられ、
サックリ軽く、冷めても重くならないそうですよ。

IMG_2781

まい泉さんのお作法によると、一口目は「左から二つ目」をいただくのが流儀!
脂身が少なめで、赤身とのバランスが良く、お肉本来の味を楽しめるそう。

ご指南に従い、左から二番目を、シンプルにスパイスソルトでいただくと・・・
繊維の細かいお肉は、まさにお箸で切れる柔らかさ!!
甘く、コクのある脂の旨味がダイレクトに実感出来ます!!

IMG_2745

店内飲食では、三種のソースとスパイスソルトで、味のバリエーションが楽しめます。

IMG_2753IMG_2759

とろりとした甘口ソースはガチ旨!!野菜たっぷり黒豚ソースは店内飲食限定!!

IMG_2784

◆甘い誘惑ロースカツ膳(100g2400円・一日10食限定)

IMG_2785

まい泉オリジナルブランド豚「甘い誘惑」のロースカツ。
「甘い誘惑」は、サツマイモとまい泉ヒレカツサンドのパンの耳を食べて
育てられるそう!幸せな豚さんやぁ〜(*´▽`*)

IMG_2786

甘くとろける脂身がたまりません(●´ω`●)
御膳の豚汁も抜かりなき美味しさでした!!


意外と知られていないのは、まい泉の「会席コース」。
コースは3500円から、黒豚しゃぶしゃぶコースは4000円で楽しめるそう。
年末の宴会シーズン、和モダンな洗練された空間での宴席はいかがでしょうか?

又、お正月は特製おせちの二段重を予約受付中との事!!

会席メニューの詳細及びご予約、おせちのご注文はまい泉HPから!!