冒菜とは、一人の火鍋。

火鍋とは、大人数の冒菜。



中国で大人気の「冒菜(ボウサイ)」とやらが、池袋に上陸!!と聞いちゃったら
辛いもの好きの闘志がみなぎってしまうわけで、そぼ降る雨の中、池袋へGO!!

IMG_0552

出口的には北口が一番近かったかな?「西一番街」を抜けたら左に曲がってすぐ!

IMG_0500IMG_0548

蜀一冒菜

IMG_0551

店内ではたくさんのパンダちゃんが迎えてくれます♪

IMG_0516

さてさて、「一人で食べる火鍋」、「冒菜」とは・・・!?


●MENU●

IMG_0510

IMG_0511

IMG_0512

IMG_0513

中国では「屋台料理」の分類に入るみたいやね。

IMG_0515

好みの具を選んで、好みのスープでいただだくという、わかっちゃえばシンプルなもの。

まずは素材コーナーで好みの具を選びます。

IMG_0538

野菜を中心に、練り物、お肉類等、目移りしちゃうほど種類が豊富な素材は
お皿によって100円〜300円。

IMG_0502

お肉も、鶏、豚、牛、ラムが揃っています。

IMG_0505

これはぴょんちゃんチョイス。
緑のお皿とビニール袋入りの素材は100円、オレンジ・白のお皿は200円、
黒いお皿は300円で、締めて1400円。ちょっと取りすぎちゃったかなぁ〜?w

IMG_0506

続いてはスープを選びます。相方が激辛を選んでたので、私は「白湯」。
そして気になるスープのお値段はというと・・・まさかの無料!!

しかも選べるはるさめ、又は麺類まで付いて来ちゃいます!!

てなわけで、ぴょんちゃんチョイスの「冒菜」は1400円ポッキリ。
お鍋が出来上がるまで、小料理でもつまみながら待つことにしましょう♪

IMG_0514

まずは苦いのでお疲れちゃ〜〜〜ん

IMG_0509

◆口水鶏(よだれ鶏) 580円

チョイスしたおつまみは、ご存知「よだれ鶏」
芝麻醤が効いた濃厚なタレは、かなりの激辛!!
ナッツの香りと食感も最高で、ビールが進んで困るやつ〜!!

ほどなくして「冒菜」の出来上がり!!

IMG_0517

◆冒菜(白湯スープ)

377F0CFD-6A08-4F1F-B959-A7682A68DA48

コクのある白湯スープは、様々なスパイスや薬草の風味が加わった、旨さの洪水!
贅沢チョイスの具は・・・牛肉、海老つみれ、ハム、うずら、キクラゲ、豆苗、
おさげさん、舞茸、選べる麺は「太いはるさめ」。
具材が山盛り過ぎて鍋二郎っぽくなっちゃってビビったけど、
こりゃ具材を入れれば入れるほど美味しくなるやつやぁ〜〜〜!!

ちなみに白湯スープと牛肉の相性は抜群でした!!

IMG_0508

さらに、タレコーナーでは、多様な調味料で「味変」が楽しめちゃいます!!

IMG_0518

◆冒菜(麻辣スープ)

控えめな相方チョイスは、豚肉、鶏つみれ、湯葉、生揚げ、ちんげん菜、ソーセージ、
選べる麺は「刀削麺」。三段階から選べる辛さは「中辛」、「小痺」で。

IMG_0520

わーい!!ウインナーをアコさんにしてくれたぁ〜〜〜ヽ(=´▽`=)ノ
タコさんウインナーって世界共通なんやね〜なんて、
無邪気に喜んでる時は、まだ幸せやった。

スープをいただいてみると、かなり辛〜〜〜〜〜い!!
激辛党の私が言うんやから間違いない辛さですよ
中国、恐るべし!!初心者は「小辛」からお試しがおすすめですw

そんなわけで、相方とチェインジw
結局私は麻辣冒菜をいただく事になりました

IMG_0531

麺は刀削麺。これがまためっちゃ旨くて、量もたっぷり!!
思いもよらずに超〜腹パンでしたわ〜!!

IMG_0541

豚まんは200円。ちょっとしたおつまみも充実です

IMG_0547

ちなみに店内は、どこでもドアで中国に来ちゃった〜?みたいな、不思議ワールド!!

IMG_0507

ランチは爆安!!しかもライス、味付け玉子FREE!!是非利用してみたいですね〜!!


お野菜がたっぷり採れて、おまけに薬膳鍋でめちゃくちゃ健康に良さそう。
そしてなんてったって、「楽しい!」「美味しい!」

ちょい飲みにも、バランスを考えた食事としても、めっちゃおすすめです!!







蜀一冒菜中国鍋・火鍋 / 池袋駅要町駅北池袋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8