とあるラーメン師匠から「東京にいるうちにここだけは行っとけ」と言われまして。

IMG_4341

とら食堂 松戸分店

え〜っと、松戸で良かったんですよね?
白河まで行かなきゃアカンかった!?w

IMG_4385

てなわけで、金町から10キロほど、意外に近くてビックリの10分前着。
目の前が駅なのに、大駐車場完備とは涙ちょちょ切れのお心遣いやね〜。
店先に雨風直射日光の凌げる、10人程座れるベンチも用意されていますが
記名して車で待っててもOK。

IMG_4340IMG_4339

あたしゃ時間つぶしに近くのコンビニで立ち読みをしてて戻ったら、
5分前にすでに開店しとった。なんて親切なんや〜

IMG_4342

めっちゃ愛想のいい姉さんに迎えられ店内へ。

IMG_4344

カウンターとテーブル、奥には座敷もあって、30席はあろうかという大箱。

IMG_4345

メニューは口頭注文。
てかこのあたくし、福島にも住んでたくせに、喜多方ラーメンはお取り寄せか
小法師でしか食べたことがなく・・・白河ラーメンなんてのは全くの未体験。
とりあえず白河のとら食堂はワンタン食べてナンボのもんやで〜なんて、
誰かが言ってたような記憶があったので、迷わず「ワンタン麺」を発注!!

IMG_4346
 厨房はガラス張りで、
 客席とは隔離されてるものの、
 オペレーションは丸見え。

 
 とら食堂のカリスマ性さえ感じる、
 自信のレイアウトですわ。

ノスタルジックなラーメン屋あるある的な、ほっこりとええ匂いの漂う店内の
空気に包まれながら、待つことしばし・・・でっかい丼がキマシタ〜〜〜

IMG_4350

ワンタン麺 830円

IMG_4356

びっしりと敷き詰められたように見えるチャーシューとワンタン。
隙間からちょろりと顔を出す縮れ麺がめっちゃソソルわ〜

IMG_4355

鶏油が光る澄んだスープ。動物系の旨味がふんわりと舌を包み込んで、
懐かしくもあり、それでいて今風の重厚感も感じて・・・あぁ〜幸せ〜

IMG_4361

多加水縮れ麺。
ほほぉ〜、これが青竹打ちってやつなのね。
もちっとつるっと、優しい喉越しながら、麺の風味がめっちゃ主張して来やがります。

IMG_4374

それにしてもこのワンタン!!


とぅるんとぅるんの飲めちゃうワンタン皮に、しっかり肉感のある餡。
こんなんが5つも6つも入ってたよ〜

IMG_4363

食った感のあるピンク耳モモ肉チャーシューが二枚。
しっとり仕上がってて美味しぃ〜!!

IMG_4368

溶けるタイプの肩ロースのチャーシューも二枚。
こちらは濃い目の味付けで、ピンク耳の方と全然違うタイプで楽しめるねぇ〜!!
てか、チャーシュー麺と間違えたんちゃうの〜?って感じの、大サービスですわ。

IMG_4348

入れてくれと言わんばかりに置かれたタマネギのみじん切り。

IMG_4375

入れてみたらあ〜た、めちゃ旨しっ(≧∇≦)b
タマネギっつったら家系のもんやと思ってたけど、
清湯にタマネギって、こんなに相性良しやったんや〜!!

しっかし(茹で前)170gの麺は食べても食べても麺が減らんしw
さらにワンタンもてんこ盛りと来ちゃったらあ〜た、
「ローカボ健康法」がどーのこーの騒がれてるこの時代と逆行した「ハイカボ」やなw

IMG_4384IMG_4382

超〜お腹いっぱいやったけど、完食全汁ご馳走様でした!!
チャーシュー麺の大盛り疑惑も解けたw このボリュームで普通盛りとは恐るべし!!

優しいスープと鶏油のまった〜りとした余韻がいつまでも心地よい、幸せの一杯。

IMG_4386

ごはんものもサイドメニューないけど、11:30にはこの行列ですわ。
めっちゃインパクトのある一杯。遠征してよかった。また行こ〜





関連ランキング:ラーメン | 松飛台駅


とら食堂 松戸分店ラーメン / 松飛台駅

昼総合点★★★★ 4.0