ビールが主食

ビールが主食です。一年365日酔っぱらってます。生まれ変わったらうさぎになる事を夢見てます。

そんなわけで、博多の旅の続き。
博多のうまいもんで美味しいお酒に寄った翌朝は、のんびり起床の「ブランチうどん」!

BlogPaint

『牧のうどん』 

博多駅前のホテルからもすぐ近く。
博多の交通網の大動脈的な「博多バスターミナル」の地下。
日曜の朝、開店前から、午前10時の開店を待つお客さんで行列が出来ていました。

IMG_0723

種類が多すぎて目眩がする券売機w「決定」ボタンを押さないと、いつまで待っても
食券が出てこないのでご注意をw関西人っぽいおっちゃんがキレてましたわww

IMG_0725IMG_0726

店内はカウンターと、向かいの人との目隠し付きテーブル、
愛を語りながらうどんを啜れる普通のテーブルと、かなり広々!!

IMG_0740

うどん・そばの他、茹で加減も着席時にお好みを聞かれます。
とりあえず初心者のあたくしは、うどんを普通の茹で加減でオーダー!

IMG_0729

◆丸天うどん 480円

釜揚げの「かけ」に、名物「丸天」をトッピングしたシンプルなおうどんに
小さなやかんに入った「追い出汁」付き。
安っすぅ〜〜〜!!って思ったけど、他の支店よりも若干お高めなんだとか。

IMG_0730

お出汁はふわっと鰹の香る、雑味のない優しいお味♪
釜揚げを「かけ」で提供するのが標準ってのにもカルチャーショックを受けますが
もしかして「そば」も、同じお出汁で提供してるのかな?ってあたりも興味津々♪

IMG_0727

卓上の器に盛り盛りに入ってる刻みネギって・・・もしや盛り放題!?

IMG_0731

てなわけで、思いっきり盛ったった〜ヽ(=´▽`=)ノ

IMG_0733

肝心のおうどんはというと・・・「やわうま〜〜〜!!」

つるっとした釜揚げ美肌麺は、もっちり激熱っ!!
つきたてのお餅を食ってるみたいですw

火傷しないように、ふぅふぅ冷ましながら食べてると・・・
うどんがみるみる出汁を吸って、どんどん量が増えて行くようにも見えますw

IMG_0737

そこで追い出汁。

熱々のお出汁を注ぐと、ただでさえ熱いうどんがさらに熱くなりw
再び「ふぅ〜〜〜、ふぅ〜〜〜」

あっ、またもやうどんが出汁を吸って、食べても食べても増えて行くぅ〜〜〜ww

IMG_0741

もうね、流れに身を任せて、なるようになるさ的に丸天を味わい。

IMG_0742

同行者の「ごぼ天うどん」から、ごぼ天も略奪。
このごぼ天ってやつも、衣にいっぱい出汁を吸うんやなw

IMG_0743

そんな感じで、朝から汗だくになって完食全汁。もちろんやかんのお出汁も全汁。
大満足。うまかった〜!!

宿に帰って、もっかいシャワー浴びて。

さぁ〜て、今日はどこに行こうかなぁ〜♪











冒菜とは、一人の火鍋。

火鍋とは、大人数の冒菜。



中国で大人気の「冒菜(ボウサイ)」とやらが、池袋に上陸!!と聞いちゃったら
辛いもの好きの闘志がみなぎってしまうわけで、そぼ降る雨の中、池袋へGO!!

IMG_0552

出口的には北口が一番近かったかな?「西一番街」を抜けたら左に曲がってすぐ!

IMG_0500IMG_0548

蜀一冒菜

IMG_0551

店内ではたくさんのパンダちゃんが迎えてくれます♪

IMG_0516

さてさて、「一人で食べる火鍋」、「冒菜」とは・・・!?


●MENU●

IMG_0510

IMG_0511

IMG_0512

IMG_0513

中国では「屋台料理」の分類に入るみたいやね。

IMG_0515

好みの具を選んで、好みのスープでいただだくという、わかっちゃえばシンプルなもの。

まずは素材コーナーで好みの具を選びます。

IMG_0538

野菜を中心に、練り物、お肉類等、目移りしちゃうほど種類が豊富な素材は
お皿によって100円〜300円。

IMG_0502

お肉も、鶏、豚、牛、ラムが揃っています。

IMG_0505

これはぴょんちゃんチョイス。
緑のお皿とビニール袋入りの素材は100円、オレンジ・白のお皿は200円、
黒いお皿は300円で、締めて1400円。ちょっと取りすぎちゃったかなぁ〜?w

IMG_0506

続いてはスープを選びます。相方が激辛を選んでたので、私は「白湯」。
そして気になるスープのお値段はというと・・・まさかの無料!!

しかも選べるはるさめ、又は麺類まで付いて来ちゃいます!!

てなわけで、ぴょんちゃんチョイスの「冒菜」は1400円ポッキリ。
お鍋が出来上がるまで、小料理でもつまみながら待つことにしましょう♪

IMG_0514

まずは苦いのでお疲れちゃ〜〜〜ん

IMG_0509

◆口水鶏(よだれ鶏) 580円

チョイスしたおつまみは、ご存知「よだれ鶏」
芝麻醤が効いた濃厚なタレは、かなりの激辛!!
ナッツの香りと食感も最高で、ビールが進んで困るやつ〜!!

ほどなくして「冒菜」の出来上がり!!

IMG_0517

◆冒菜(白湯スープ)

377F0CFD-6A08-4F1F-B959-A7682A68DA48

コクのある白湯スープは、様々なスパイスや薬草の風味が加わった、旨さの洪水!
贅沢チョイスの具は・・・牛肉、海老つみれ、ハム、うずら、キクラゲ、豆苗、
おさげさん、舞茸、選べる麺は「太いはるさめ」。
具材が山盛り過ぎて鍋二郎っぽくなっちゃってビビったけど、
こりゃ具材を入れれば入れるほど美味しくなるやつやぁ〜〜〜!!

ちなみに白湯スープと牛肉の相性は抜群でした!!

IMG_0508

さらに、タレコーナーでは、多様な調味料で「味変」が楽しめちゃいます!!

IMG_0518

◆冒菜(麻辣スープ)

控えめな相方チョイスは、豚肉、鶏つみれ、湯葉、生揚げ、ちんげん菜、ソーセージ、
選べる麺は「刀削麺」。三段階から選べる辛さは「中辛」、「小痺」で。

IMG_0520

わーい!!ウインナーをアコさんにしてくれたぁ〜〜〜ヽ(=´▽`=)ノ
タコさんウインナーって世界共通なんやね〜なんて、
無邪気に喜んでる時は、まだ幸せやった。

スープをいただいてみると、かなり辛〜〜〜〜〜い!!
激辛党の私が言うんやから間違いない辛さですよ
中国、恐るべし!!初心者は「小辛」からお試しがおすすめですw

そんなわけで、相方とチェインジw
結局私は麻辣冒菜をいただく事になりました

IMG_0531

麺は刀削麺。これがまためっちゃ旨くて、量もたっぷり!!
思いもよらずに超〜腹パンでしたわ〜!!

IMG_0541

豚まんは200円。ちょっとしたおつまみも充実です

IMG_0547

ちなみに店内は、どこでもドアで中国に来ちゃった〜?みたいな、不思議ワールド!!

IMG_0507

ランチは爆安!!しかもライス、味付け玉子FREE!!是非利用してみたいですね〜!!


お野菜がたっぷり採れて、おまけに薬膳鍋でめちゃくちゃ健康に良さそう。
そしてなんてったって、「楽しい!」「美味しい!」

ちょい飲みにも、バランスを考えた食事としても、めっちゃおすすめです!!







博多シリーズの途中ですが。

japanex (1)

制県レベル全国制覇プロジェクトの続きで、今回は食文化で沖縄を「エア制覇」w

IMG_6219IMG_6220


『はいばな』


恵比寿駅からほど近いこちらのお店は、沖縄あぐー豚を一頭買いの本気の沖縄料理店。


IMG_6221

店内に足を踏み入れると、そこは沖縄!!瓦屋根のカウンターが何ともええ感じです♪

IMG_6248

心踊る、沖縄ビール・クラフトビールの品揃え!!
ここは滅多に出会えない「樽生オリオン」でしょ〜

IMG_6223

◆樽生オリオン 620円
ヤバイ!!激ウマ!!しかも一口飲んだら、もっちりした泡が再び復活した〜!!
サーバーのメンテが完璧な証拠やね。最高の一杯に出会えました!!

IMG_6232

◆海ぶどう 650円
ぷっちん弾ける海ぶどうは沖縄料理の定番!!

IMG_6230

◆ざるもずく 650円
めんつゆ+薬味でいただく、蕎麦テイストの斬新な食べ方やね。
もずくの風味と食感がいきいき!!

IMG_6233

◆はいばなのグリーンサラダ 680円

IMG_6239

たっぷり盛り付けられた海ぶどうの下には、栄養満点のホロ苦ゴーヤ!!
シークワーサーを使ったドレッシングが爽やか美味!!

IMG_6242

◆イカスミのそうめんチャンプル 800円

黒々しい色はイカスミを練り込んでるので、「お歯黒」になる心配はなしw
イカスミ自体の癖はなく、独特の味付けが病みつきになる逸品!!
一体、何をどう使って味付けたらこんな絶品が出来上がるの!?
具のスパムまでもがめちゃめちゃ美味しいご馳走に!!

IMG_6252

ちょっと太めのそうめんはコシもあり、食べごたえもある一品!!

IMG_6241

◆青い空と海のビール ヴァィツェン 650円
酵母入りの「うすにごり」タイプ。フルーティーで爽やかな香りを楽しめる一杯。 

IMG_6260

◆アグーのソーセージ 700円
ごく普通のソーセージに見えたんですが、食べてビックリ!かなりピリ辛!
しかもお肉の味が濃ゆ〜〜〜い!!

IMG_6250

◆ゴーヤDRY 650円
ホップの他にゴーヤを加えた、独特のほろ苦さを初体験!!
こちらもうっすら濁ってる感じかな?

IMG_6258

◆ラフテー(角煮)850円
皮付き三枚肉ならぬ「五枚肉」が、ほろっほろに炊かれてます!!豪快めちゃ旨っ!!

IMG_6262IMG_6263

◆珊瑚ビール IPA 880円
爽やかな柑橘系のような香り、豊かなホップの苦味!!
IPA(インディアペールエール)「らしい」、ガツンとお肉料理を迎え撃つ一杯!!

IMG_6269

◆島ラー油のソーキそば(ハーフ)680円 

IMG_6271

旨味たっぷりのスープに島ラー油。シャープな辛さのアクセントが絶妙です♪

IMG_6277

とろける美味しさのあぐー豚!!食感の良い野菜もたっぷり♪

IMG_6278

長命草を練り込んだ優しい麺は、呑みの締めにピッタリでした!!

電車で行ける沖縄を満喫、大満足でした!!

が、ヤバイ。

ほんまに沖縄行きたくなって来てもうた・・・


そんなわけで博多ナイト一軒目で、バリ旨のモツ鍋を堪能したあとは、
モツ鍋の次に食べたかった「ごまさば」を求めて、博多駅中の「ほろよい通り」へ。

IMG_6543

駅ナカで昼間っからリーズナブルに飲める、高知の「ひろめ市場」っぽい空気です♪

てか週末という事もあってか、立呑み屋にも順番待ちの行列が出来てる状況・・・
そんな中で、唯一、空席があった、お魚が美味しそうな予感がした一軒へ!!

IMG_6542

『さかなや食堂 辰悦丸』

IMG_6537

まずは瓶でお疲れちゃ〜〜〜ん
中瓶で550円は納得行かへんけど、まぁ、駅ビルやし。
東京価格と変わらんし。まぁええか

IMG_6539

◆キュウリの浅漬け 290円

とりあえずの一品を注文した後、「ごまさば」を探すも・・・無念の売り切れ(><。

IMG_6540

◆酢もつ 390円

これも郷土料理やったよね?さっぱり、間違いない旨さ!!

IMG_6541

◆ごぼ天 450円

博多うどんに乗っかってる、ごぼうのかき揚げで呑めるのぉ〜〜〜!?
な〜んて思ってったら
天ぷら違いの「さつま揚げ」タイプやったけど、これはこれでお酒泥棒やぁ〜

ちなみに広島出身の義母は、練り物を揚げたものを「おでん」と言い、
それを出汁で煮込んでも「おでん」。下手すると、嫁姑戦争が起こりそうやなw

関東は「おでん」「てんぷら」「さつまあげ」の明確な区別がありがたいなぁ〜。
(※反論来やがれ!w)

平日14〜17時はハッピータイムで、生が199円になるとか。
アテは安いし、おばちゃん愛想いいし。
駅ナカで昼間っから堂々と呑める「ほろよい通り」最高やん(≧∇≦)b
めっちゃ使い勝手のいいお店やったなぁ〜


ちなみに今気づいたんやけど・・・
JALの「どこかにマイル」って、「何処かに参る」とひっかけてるの!?

どこかにマイル(日本航空HP)


雨は降る。腹は減る。

IMG_0803

そんな時は車でピュピュ〜っと近所の丸亀。濡れるのいややし、外観は車内から撮影w

IMG_0781

本日のターゲットは、「帰って来たタル鶏天ぶっかけ」!!

2015年版は、巨大鶏天が4つと、水菜&紫タマネギ、レモンが付いて590円。
2016年夏には微妙に値上げして620円。

そして2018年!!
多くの丸亀ファンを虜にした伝説のタル鶏天が、640円でカムバ〜〜〜〜ック!!

IMG_0782

てか今年はトッピング前の鶏天をスケールで量るというパフォーマンス付きw
並でも175gの鶏天って、オリジンの唐揚げやと、300円じゃ足りんレベル。

ちなみに今回は185g乗っけてもらえたみたいです♪
(スケールの動作確認済みw)

目の前で締めたておうどんに鶏天を乗っけて、
鶏天に天だれ、おうどんにはぶっかけ出汁をかけて、
水菜とタルタル、柚子をトッピングして出来上がり〜!!

IMG_0784

◆タル鶏天ぶっかけ(並・冷) 640円

IMG_0785

今年verは、鶏天が一口サイズになって増量。これは有り難いマイナーチェンジ!!

IMG_0787

大分の鶏天のイメージの、甘口の天だれが旨〜〜〜い!!

IMG_0791

鶏天は安定の柔らかジュ〜シィ〜!!
普段いつでも食べられる「かしわ天」は胸肉やから、こいつに出会えるのは期間限定。
タルタルに添えられた柚子が、めっちゃえぇ仕事してはりますわ〜!!

IMG_0793

うどんは相当いいコンディションですよ。凹みがコシを物語ってますやん

IMG_0801

てなわけで、アプリのクーポンを使って、50円引きの590円で超ハラパン!!
安っすいなぁ〜

IMG_0802

アプリのアンケートに答えると海外旅行が当たるらしいよ。

丸亀製麺HP



突然ですが、制県レベルで全国を茶色く塗り潰そうプロジェクトが始動!!

japanex (1)

なにげに鬼の陸マイラーのあたくし、日常生活のありとあらゆる決済をJALカードに集結
したところ、予想以上に貯まり過ぎて・・・期限切れ間近のマイルを使わにゃ勿体無い!
って事で、どこかにマイルってやつで、博多行きをGET!!

IMG_0719

便が選べないってデメリットもあったりして・・・現地着は夕刻になっちゃいまして。
まぁ時間的にも、まずは名物のモツ鍋でも行っときましょかね。
・・・って言っても、ガイドブックには大量のモツ鍋屋さんが載ってて、
どこに行くのが吉なんか、全くわからへん!!

IMG_6477

博多駅前で途方に暮れて、天を仰いでみたら、どでかいビルが目に飛び込んで来た。
しっかし博多っちゅう町は、何でもいちいちデカイ!!
きっとあそこらへんに突入すれば何かしらあるやろ〜って事で、凸してみた結果・・・

IMG_6482

ほら、あった

IMG_6483



BlogPaint

店内に入ってまず目に飛び込んで来たのは、ラーメン一蘭の「味集中カウンター」ばりの
「モツ鍋集中カウンター」!!なんと、博多では普通にひとりモツ鍋を楽しめるんや!!
すでに綺麗な姉さん(CAさん!?)、若い兄さんが、モツ鍋に集中してはりますよ。

私達は、お店の奥の広々とした掘りごたつのホールに案内してもらいました。

IMG_6487

まずは苦いのでお疲れちゃ〜〜〜ん
氷結グラスに香るエール!!たまらんね

そしてお通しは・・・

IMG_6488

背負い籠の中の大量の塩ゆで枝豆のつかみ取り!!(400円)

IMG_6490

主婦は容赦しませんよw ビール10杯は呑めそうな位の枝豆をGETですw

IMG_6486

さぁ〜て、モツ鍋モツ鍋・・・って「白味噌」「醤油」「辛味噌」3種類もあんの!?
えっ、モツすき焼きって、一体何事〜〜〜!?・・・と、予習もして来なかった初心者が
パニクってると、スタッフさんが「一人前ずつ味比べはいかがですか」とおすすめして
くれました。てかお鍋を一人前ずつ食べられるなんて、ほんま神対応やん
そっか、味集中カウンターでも、みんな一人鍋を楽しんでたもんね!!

てなわけで、おすすめの「白味噌」と、変わり種の「もつすき焼き」をオーダー!!
鍋前に、ちょいともつ焼きもつまみ食いしてみる事に

IMG_6493

◆極旨ほるもん焼き (一人前)1380円 

IMG_6491

これだけの種類がちょっとずつ味わえる盛り合わせは、少食女子には特に有り難い!!

IMG_6509

溶岩プレートでじっくり火を通します。

IMG_6497

旨味炸裂のタンはレモンで!

IMG_6502

コリコリはピンク塩!

IMG_6496

続いてはタレの部。

IMG_6492

4種のタレから好みでいただきます。

E3633D89-20D0-4F83-BEA5-348E7F0063B5

赤センマイ、サガリ、ツラミ(頬肉)、そしてとろけるカルビ!
レバーはごま油+塩で!!

溶岩でじっくり火を通すので、肉汁が閉じ込められて、柔らかなまま!!
野菜はビックリするほど甘くなってて、ちょっと感動しちゃいましたわ

IMG_6513

◆もつ鍋(白みそ味) (一人前)1480円

お鍋の中身はモツとお野菜、くずきりに揚げ出し豆腐!?こんなん初めて!!

0F65D1F1-635C-4F8D-A3BC-EA8D4A479728

そしてなぜか別添になってる菌床付きエノキは、サッとスープにくぐらす程度が
美味しいですよ〜とすすめられ。しなっとなったあたりでいただくと・・・
うをっ、たまらん食感!!しかも味がある!!おぃおぃ、鍋の主役級に旨いやん!

IMG_6519

さらに揚げ出し豆腐をパックリ割って分け分けしようとしたら・・・
むむっ、中から何か出てきた!!
頬張ってみて初めてわかった正体は、なんと「柚子胡椒」!!旨しっ

IMG_6520

白味噌ベースのスープは、モツの旨味と野菜の甘さがギュギュッと凝縮されてて
めちゃめちゃ旨〜〜〜い!!

産地がはっきりとわかる、九州産ハーブ牛と契約農家のお野菜を使った
無添加のお鍋ってのは、妙齢の女子にはめっちゃ嬉しいんですよね〜

99A441AB-EB4C-4C46-9922-85CB0CC9A9EC

◆かりかりおむすび 350円

締めは表面がカリカリのおむすびに、自家製の佃煮が乗ったおむすびにスープをかけて
味も食感も楽しみながら、コラーゲンたっぷりのスープを余すことなく堪能!!
明日のお肌が楽しみやぁ〜

もうひとつの一人鍋はコチラ!!

IMG_6515

◆もつすきやき (一人前)1480円

IMG_6522

スープでいただく鍋とはちょい違って、濃いめのピリ辛の「タレ」で、炒める感じの
汁なし鍋。上質なホルモンの味をダイレクトに味わえて、このタレがまた絶品!!
そうそう、ホルモンには唐辛子やニンニクのめっちゃ濃い味が合うもんね〜!!

IMG_6523

◆ちゃんぽん麺 290円

CE83097A-5AD0-4393-B657-C6FC5BAC1B9C

すきやきの締めは、モッチリちゃんぽん麺に、残ったタレを余すところなく吸わせて
溶き卵につけて、ツルッといただき、こちらも大満足でご馳走様〜〜〜っ!!

これだけアレコレ満喫させていただいて、お会計はおひとりさま5000円ちょい。
駅近の最高の立地で、おひとり様でも気軽にモツ鍋が味わえるのは超ポイント高し!!
自信を持っておすすめです


さぁ〜て、まだ宵の口。
博多ナイトはこれからやで〜