ビールが主食

ビールが主食です。一年365日酔っぱらってます。生まれ変わったらうさぎになる事を夢見てます。

◯亀製麺不毛地帯の横須賀に移住して一ヶ月半・・・
ムラムラッとうどんを食べたくなったある日、近所のSCの「はな◯」へ。

IMG_1937

平日のお昼。むっちゃ混んでたけど並んでミタ。

IMG_1931

温玉ぶっかけ。

IMG_1935

ねじれの入った、むっちり美肌麺!!

旨しっ!!

ってわけで、「はな◯」も見直しかけてた、とある日に再訪。

IMG_2166

平日の開店直後はノーゲスでスムーズ注文♪

ネギ盛りショボッ!!・・・なのは150円うどんだから仕方ないとしても。

IMG_2169

朝一からささくれ立った死に麺。

こりゃアカン

一体いつから茹で置きしてたんやろ(´・ω・`)


まぁ、食物繊維たっぷりのうどんと、
カロリー30%カット(だったっけ?)のヘルシー天ぷらを食べられたから
良しとしよう

せやせや、香川のガチ讃岐うどん屋さんでも
お客がいない時に行くと、普通に「死に麺」出てくるもんねw

【教訓】
はなまるうどんは、混んでる時に行くべし(`・ω・´)b




IMG_2161

とうとうこいつじゃ満足出来なくなって来たので・・・

IMG_1907

来来亭 横須賀佐原店

ちょっと辛くしたからって、1000円超えのラーメンなんか食えるかぁ〜〜〜
と思っていものの・・・体の芯からムラムラッと湧き上がる欲望は抑えきれずw

IMG_1909

今回はおしながきに書いてない裏メニュー。

IMG_2138

こいつの「MAX-END」とやらを。

IMG_2139IMG_2140

店内告知ナシ。
まるで注文を拒むかのように、ひっそりと存在する裏メニュー。

提供の条件はただ一つ。
「旨辛麺MAX」を食べたことがあるかどうか。

「はい」と答えると、すんなりオーダーが通り、「注意書き」が渡されます。
ほどなくして、厨房の方から、刺激臭が流れて来ましたw
こりゃヤバイやつかもしれんww

IMG_2141

◆旨辛麺MAX-END 1100円

IMG_2143

真っ赤なスープのモヤシの上には、韓国唐辛子「プッコチ」が優雅に横たわってます。

IMG_2149

スープには、挽き肉・背脂と粗挽きの青唐がザクザク。
ラー油系ではない、ボディーのしかりした濃厚スープで
油は苦手な私にはめっちゃ有り難いタイプのスープ!!

むせないように注意深く啜ってみると・・・
一口でカプサイシン・ハイ キタ〜〜〜〜ッ( ・∀・)!!

脳の奥の方でなんか、覚醒してるみたいな?みょ〜な心地よさ♪

IMG_2151

麺には唐辛子がびっしり絡みつき、逃げ場のない辛さ。
けど麺の甘みは感じるので、舌が麻痺してるわけでもなさそう。
そして麺を啜ってると予想外の生理現象が!!

何と涙腺が緩んで来ましたw

そして3口目には鼻水も垂れそうにww

出来るだけ唇に付かないように、レンゲに「ミニラーメン」を作りながら
慎重に食べ進むと・・・舌から喉、食道から胃袋まで、
青唐中心のヒキのいい辛さのスープはスッっと受け入れてくれるんですが
覚醒・涙・鼻水が一気に襲って来るとは予想外でしたw
粘膜と神経を集中攻撃して来やがるやつですねww

IMG_2154

唐辛子がびっしりの味玉は、もはやオアシスでも何でもない凶器の鉄砲玉w

IMG_2155

味玉半分で小ライス一杯食べられる勢いですw
※小〜大ライスはランチタイムサービス♪

IMG_2157

スープが辛いせいか?「プッコチ」が甘いピーマンのようなオアシスに♪
太平洋に浮かぶ孤島とヤシの木みたいな、モヤシ&プッコチのオアシスに癒されて
麺と具は何とか完食しましたが・・・

IMG_2158 スープは辛さもヤバイけど、
 高血圧ガールには命取り塩分なので・・・
 お残しごめんちゃい(´・ω・`)


IMG_214535629E17-A742-475F-88A4-270BA61CB44B

PayPayのワクワクランチで20%引きでご馳走様でした〜ヽ(=´▽`=)ノ

いやぁ〜、それにしてもこちらのお店は接客が秀逸!!
レジの近くのカウンターに座ってたんですが、お客さん一人一人に
フレンドリーに声掛けして、ついでにサラッとキャンペーンの案内や
定休日の案内なんかもしてたりして。

かくいう私も、二人の姉さんに「いかがでしたか?」「美味しかったですか?」
な〜んて、興味津々に聞かれまして。
なんか涼しい顔して写真なんか撮る余裕もかましてたんで、
「みんな汗だくで闘ってるのにすごい!!」とかおっしゃっていただいて。
いや、確かにこの程度じゃ汗はかかないけど、いっぱいいっぱいだったんですよww

暖かな接客で心ポカポカ
おまけに胃袋もポカポカで、気持ちよくお店を後にしました♪

我こそは辛党と名乗るそこのアナタには是非とも挑戦してみて〜!!
この一杯1100円(税込1188円)を高いと感じるか安いと感じるかは
アナタ次第!!チェーン店侮るなかれですよ(`・ω・´)b

久っさしぶりにタイ好き仲間でダラダラ呑みっ(≧∇≦)b

IMG_2103

ソムタム

この日は何故か初登場の料理ばっか。
さてはタイ帰りのとある殿方がわがまま放題注文を出したに違いない( ̄ー ̄)

IMG_2109

◆ヤム・コーム

焼いたらめちゃ美味しい酒のアテ、豚トロっぽい豚ののど肉をヤムにしたやつ。
爽やかな酸味と辛さで、めっちゃさっぱりいただけちゃう〜!!

IMG_2104

◆タオチオ炒め

ニンニッキーでめちゃ旨っ!!

IMG_2105

◆ヤム・トゥアー

ナムプリックオーンかと思ったら、豆の和え物。
チェンマイ料理なんやって〜!!

IMG_2108

◆モーケ

キノコたっぷりの炒め煮?みたいなやつ。

IMG_2106

貝焼き味噌・・・ならぬ、貝焼きピッキーヌのボンビノス版みたいなの。

IMG_2113

◆タムトゥア

長いんげんのタム。

IMG_2114

そして今回、一同がざわついたタイ土産。フリーズドライのソムタム!!

さすがに青パパイヤは切り干し大根みたいな食感になっちゃってたけど、
味付けはリアルソムタム!しかも、かなり辛い!!

お土産にど〜ぞ的お値段の139バーツ!!

いやぁ〜、無理言って作ってもらっちゃってすいません^^;


今回は6人でシェアして、お一人様1000円のお会計。
お料理のお値段はいちいち聞いてないけど、たぶん1000円均一w

いつもながら、めちゃ美味しいタイ料理にお酒が進んで困りました〜ヽ(=´▽`=)ノ


横須賀では比較的新しい鶏白湯で評判のラーメン屋さんへ初訪問!

IMG_2137

らぁ麺しろ

鶏白湯はどちかっちゅーと苦手な部類のあたくしですが、
夏限定で、あっさり冷やしラーメンをやってるとか聞いちゃったら行くっきゃない。

IMG_2119

どうやら最近、市内から移転してきたばっかりっぽいですね。

IMG_2118

IMG_2117

店内はL字カウンター&一直線カウンターの、ゆったりとした居心地の良い客席。

IMG_2116

揚げネギやフライドオニオン、ニンニク、ショウガ等、味変アイテムも豊富やね〜
なんてヲチしてるとこに着丼っ!!

IMG_2121

◆がごめ昆布水の冷製麺 900円

IMG_2123

がごめ昆布のねばねば昆布水に極細麺、
トッピングは生オクラ・ミョウガ・ショウガ・シソと、涼を呼ぶアイテムが勢揃い!
見た目にも涼し気な一杯です

まずは、オンリー麺啜り!

IMG_2135

ねばねば昆布水が極細麺に絡みつきます。
麺は・・・素麺ほどの太さなんですが・・・なんか粉っぽいなぁ・・・
風味もあまり感じられず、ぶっちゃけ、この取り合わせだったら素麺の方が旨いかも

「好みでかけて下さい」と提供されたのは昆布ポン酢。
酸味もまろやかで、ポン酢としてはめちゃ旨なんですが・・・
昆布水の繊細な旨味を殺しちゃってるなぁ〜。ここは出汁でしょ〜みたいな?

初訪問で限定に行くべきじゃなかったかな。
とは言え、鶏白湯はあえて食べたくないし。
再訪はないかもしれないけど、
めっちゃ一生懸命に接客してた新人のお姉ちゃん、頑張ってね〜って感じ。

ほんま、このがごめ昆布出汁は半田素麺で食べたいやつでした。

クソ暑いからこそサンマーメン(`・ω・´)b

IMG_1781IMG_1783

上海亭

つか歩くのがめんどかったので、車でちゃちゃーっと行けるとこで腹ごしらえした
だけなんですがw横須賀中央に支店もある、横須賀では老舗の中華料理屋さんです。

IMG_1784

IMG_1785

IMG_1786

IMG_1789

メニューには何故か掲載されてないサンマーメンを発注!!

IMG_1790

開店一番乗りで冷房の効いてない店内で待つことしばし・・・

IMG_1791

◆サンマーメン 700円(たぶん)

IMG_1793

伊勢佐木町の玉泉亭を思い出すような、まろやかな餡と優しい味。

IMG_1799

極細の自家製麺。伸びそうで伸びないのが不思議。麺量はたっぷり!

IMG_1803

サンマーメンの仕上げはコレね

IMG_1804

 罪悪感なしで全汁出来るのがいいね♪

 つか終始、冷房の効きが悪かった〜^^;

 ええ汗かいて、ご馳走様でした〜!!

いやぁ〜、アホみたいにいい天気が続きますね〜

IMG_2067

朝の買い出しの帰り、海が真っ青過ぎたので・・・
ちょっと遠回りして海沿いドライビ〜ンに行ったれ〜!!

IMG_2066

そんなノリで辿り着いた、漁師町の海沿いの食堂。
休日にはアホみたいに行列が出来てて近寄った事はなかったんですが
開店時間のちょい後に前を通ると・・・あらまっ、誰も待ってないやん

IMG_2041

味美食堂

IMG_2038

店内はカウンターとテーブル2卓。12〜3人で大入り満員。

地場産のタコ・アジ・アナゴが大人気との評判を聞いてたんで、
昨晩、100円のでっかい鯵を捌こうとしてぐちゃぐちゃになり
やむなく「なめろう」で食べながら
アジフライは店で食べるに限るよね〜と心に誓った、そんな流れで、
一番人気の「アジフライ定食」を発注♪

IMG_2064

こんな雑誌、どこで売ってるの〜なんて思いながら、待つことしばし。

IMG_2042

◆アジフライ定食 1080円
 △ごはん小盛りで50円引きの1030円


IMG_2043

うっひょ〜〜〜
小ぶりながら、サクッと揚がっててめっちゃ美味しそ〜〜〜

IMG_2058

まずはしば漬け入のタルタルを乗っけて頬張ると・・・ふわっふわ旨〜〜〜っ

IMG_2059

レモンを絞ってシンプルにいただいてみると・・・下味はかなり薄めなんやね。
アジ本来の旨味がよくわかります。

IMG_2063

やっぱ正義は「中濃ソース+カラシ」。王道に旨〜〜〜い

IMG_2046

お味噌汁は煮干出汁。おかんの味。

IMG_2051

わかめも地場産なんやろな〜。コリっとした歯ごたえで、やたらデカイw

IMG_2048

手作り感炸裂のポテト玉子サラダ。

IMG_2050

しょっぱめの浅漬とべったら漬けの甘さのコントラストも良し!!

IMG_2092

わははっ、こりゃ間違いなく手づくりやね

IMG_2065

尻尾まで美味しくいただいて、大満足!!ご馳走様っ!!

やっぱアジフライはお店で食べるべし(`・ω・´)b

アジの大きさ的には、スーパーで二匹100円
お惣菜コーナーだと一匹100円レベルなんですが
なんてったって、地元のふわっふわのアジフライは、そこらじゃ食べられませんわ。

帰る頃には、作業員風の団体さんがドヤドヤと入店、
親方風の人と、もうひとり年配のおっちゃんは、まずは氷結グラスの生で乾杯〜
ゴクゴク喉を鳴らして飲んでて、めっちゃ羨ましかったなぁ〜
そうそう、ランチタイムは楽しくなくちゃね


そんな感じで後日ソッコー再訪♪


開店早々、進次郎氏の結婚を祝って乾杯するおっちゃん5人組に混ざりたい
衝動を抑えつつ、待つことしばし。つか、いつも誰かしら飲んでるなこの店は。

IMG_2080

◆あなご定食(ごはん小盛り) 1030円

IMG_2083

穴子天は迫力ありまっせー

IMG_2084

衣は滝川クリステル・・・じゃなくて、クリスピー

IMG_2095

サクサクの衣の中から、東京湾のふわっふわの穴子ちゃん♪

そのまま頬張ってサクサク衣を堪能するのも良し。
天つゆ+おろしで王道に楽しむのも良し。

IMG_2090

穴子の下にはかき揚げも仕込まれてるんだよ〜!!

穴子ちゃんは小ぶりながらも、このボリュームで大満足!!

お店はいぶし銀の父ちゃんと、たまに揚げるのを手伝うばあちゃん、
そしてホール接客係の母ちゃんの「三ちゃん」で回してます。
ねじりはちまきで頑張るばあちゃん、可愛いかったなぁ〜

IMG_2035


IMG_2036