ビールが主食

ビールが主食です。一年365日酔っぱらってます。生まれ変わったらうさぎになる事を夢見てます。

そやそや、限定の汁なし食べに行かねばタコねば!

IMG_4943

はまんど横須賀

IMG_4930IMG_4928

レギュラー入りした尾道ラーメンにもグラグラ揺れたけど、やっぱり初志貫徹!

IMG_4932

◆ジャージャーあんかけそば(汁なし)  840円

IMG_4937

着丼した丼はかなり熱っちっちー!!
熱盛りとは思わなかったので、嬉しい誤算♪
汁なしでもポカポカ温まるやつですね♪

IMG_4934

たーっぷりの肉味噌は、タケノコや椎茸の食感が楽しい、ザ☆手作りの味♪
むっちりした麺にたっぷり絡まって、激ウマ!!
キュウリ&モヤシのナムルはええ箸休め〜♪

IMG_4933

セットのアッサリ鶏塩スープがまたいいのよ〜♪

IMG_4939

肉厚チャーシューは食った感半端ない3枚盛り♪

IMG_4941

もうね、肉味噌が余りすぎて、ごはんダイブしろって言ってるようなもんですが
ここで食べ過ぎると今日一日終わっちゃうので、グッと我慢我慢・・・
お酢をたっぷり入れて、マイルドに味変して完食!!
汁なしバージョンも最高でした!!ご馳走様っ!!

よっしゃ、あとは平打ち麺バージョンも食べとかなくちゃw

今年に入って衣笠から三崎の超〜僻地に移転OPENした、
今の所twitter情報しかない「川たか」さんへ!

IMG_4909

バス通りからも離れ、まるで人を拒んでいるかのようなエグい立地でしたw

IMG_4911

平日の12時ちょい前、5席のカウンターは地元のおばちゃんで満席w

IMG_4912

この日のメニューは3本立て。

IMG_4913

券売機で「醤油」二枚を購入、現金50円を添えて、「醤油」「煮干し」をオーダー。
私達は小上がりのお座敷へ。

カウンター隅に置かれた、テイクアウトのお惣菜がめちゃめちゃ美味しそうで
グラグラ心揺れながらも、今日のところはシンプルにラーメンのみと心に決めて
セルフで作れる冷たい緑茶をいただきながら待つことしばし・・・

IMG_4915

◆煮干らぁ麺 800円

IMG_4916

配膳された瞬間からふわ〜っと心地よい煮干しの香りに包まれました♡

カタクチ・ウルメ・サンマ節を使った、薄濁りスープにちょい背脂。
尖ってはいなけど、かなりのニボ度でめちゃ旨しっ(≧∇≦)b

IMG_4918

細麺はデフォで柔らかめ。なんか勿体無いなぁー。

IMG_4923

ワンタンも皮が固まっちゃってて勿体ないなぁー。
「かわたか」さんじゃなくて「かわかた」・・・いや、なんでもないです(´・ω・`)

チャーシューは鶏&豚ダブル。

IMG_4925

むっちりした弾力の鶏チャー。めちゃめちゃ旨い!!

IMG_4927

がっつり濃い味の豚チャーはネギチャーシューで食べたい(≧∇≦)b

ツレが「こんな美味しいの久しぶりに食べたー」と感動してたのがコチラ。

IMG_4914

◆鴨醤油らぁ麺 800円

ほとばしる鴨の旨味♪
「鴨と水だけのスープ」て書いてあったけど、食べて納得!!

大満足でごちそうさまでした!!



食べてる途中、先客のおばちゃんが「お会計お願ーい」と大将に。

ふむふむ、ここは後払いのVIP客も居るらしいw

大将「お惣菜とラーメンで1650円です」

おばちゃん「あとアイスも!」

大将「アイスは・・・ないんですけど〜(汗」

おばちゃん「こないだあったの見たけどなぁ〜?」

大将「それは・・・夜、たまたまだったのかもしれません・・・(困」

恐るべし三崎マダム!!


そんな、アットホームな、辺鄙なラーメン屋さんでした♪

◆らぁ麺 川たか
神奈川県三浦市三崎町諸磯1193
【営業時間】昼の部 11:30〜14:00 夜の部 18:00〜21:00
【定休日】日曜日夜の部

大阪で人気寿司店を営んでいた大将が満を持して東京に進出!!
商人にとっては縁起の良い地名「恵比寿」に店を構えるとは流石やなぁ〜って感じで
恵比寿の隠れ家で、圧巻のコスパでお寿司をお腹いっぱい楽しんで来ましたよ♪

IMG_6636

九州直送 熟成鮨 わだのや

IMG_6640

店内はシックな色調でまとめられ、思わず頬ずりしたくなるような
角が丸い広々としたカウンターと、障子で仕切られた掘りごたつのお座敷も。

なんかお寿司屋さんぽくないなーと思ったら・・・
そういやお寿司屋さんには付き物の冷蔵ケースがないやんか!!

IMG_6641

アンティーク家具を上手く使った、古民家風の演出もいいですね〜(*´▽`*)

わだのやさんのこだわりは、九州から直送の「熟成魚」

コースのみで、「熟成鮨二十貫・10000円コース」と
握りとおつまみの「大将おまかせ15000円コース」のみ。

果たして20カンも食べられるかどうか、若干の不安も感じながらも
お得さが半端ない「熟成鮨二十貫コース」をお願いしましたよ♪

IMG_6644

まずはエビスでお疲れちゃ〜〜〜ん☆うすはりグラスで旨さ5割増(≧∇≦)b

IMG_6645

◆大分 龍の卵の茶わん蒸し
濃厚で甘い!プレミアムな卵で作る茶わん蒸しは薫り高いお出汁!
茶碗の底の方からは、ふっくら柔らかな真鯛がたっぷりコンニチハ〜♪

胃袋が目覚めたところで、いよいよ熟成魚の握りのスタート♪
ネタは桐箱に入っての登場〜ヽ(=´▽`=)ノ

IMG_6657

◆沖縄(石垣島)具志堅鮪 【熟成20日】
具志堅用高さんと繋がりの深い漁師さんから卸す「具志堅鮪」。
いきなり20日熟成と聞いて、少々身構えてたんですがw
普通にもっちりとした食感で、旨味あふれる、フレッシュささえ感じる赤身です♪

ネタが大きいのかシャリが小さめなのか?お口いっぱいに鮪が広がる嬉しさ♪
硬めのシャリなので、ネタの後に数粒残る、その余韻もたまりません。

IMG_6655

◆横山50 純米大吟醸 山田錦(長崎)
お酒は大将のおすすめでお願いしました。
やや甘口でワインのようなフルーティーな香り♪
「江戸ガラス」の徳利・お猪口で気分も上がります♪

IMG_6662

◆長崎(五島)真鯛 【熟成12日】
白身のお魚はねっとりとした食感になり、熟成がよくわかる濃厚な旨味に!

IMG_6663

◆熊本(天草)真鯖 【熟成10日】
ノリノリの脂が、熟成によって、スッと後をひかないまろやかな余韻につながってます。

IMG_6667

◆長崎(五島)青羽太(アオハタ) 【熟成16日】
提供前から香る昆布のいい匂い♪昆布締めの香りが素晴らしい〜(*´▽`*)

IMG_6669

◆大分 真鯵 【9日熟成】
うわっ、こりゃ旨さの爆弾やぁ〜〜〜(*´▽`*)

IMG_6670

◆長崎(五島)黒ムツ 【18日熟成】
こちらも旨味が凝縮しているのがよくわかる!
熟成魚の魅力は白身魚で最大限に発揮されますね〜!

IMG_6672

◆鹿児島(喜界島)車海老
むっちり肉厚の車海老の弾力が凄い!!

IMG_6674

◆長崎(五島)鰤 【8日熟成】
脂がめちゃめちゃまろやかに〜(*´▽`*)

IMG_6675

◆沖縄(石垣島) 具志堅鮪 漬け 【20日熟成】
筆頭で食べた具志堅鮪が漬けになると・・・
水分が抜けて、たちまち「ねっとり」食感に!!
これぞ熟成魚的貫禄!!

IMG_6696

◆長崎(五島)障泥烏賊(アオリイカ) 【19日熟成】
イカも熟成によって大変身するネタでした!!
濃厚&ねっとり食感に大変身したイカを、
酸味の少ない「ゴールデンかぼす」の風味で。

IMG_6699

◆長崎(五島)ノドグロ炙り 【16日熟成】
旨さ爆弾!!香り爆弾!!
思わず悶絶〜〜〜っ(≧∇≦)b

IMG_6681

◆特別純米酒 鍋島 三十六萬石(佐賀)
熟成魚のVIPに登場されちゃったもぉ〜ね、お酒ですよ(*´▽`*)
爽やかな香りがふわっと広がる、軽快な飲み口の鍋島は、美しい「津軽ビードロ」で♪

IMG_6700

◆熊本(天草)地雲丹
てんこ盛りなんてもんじゃないです(*´▽`*)
またもや悶絶(≧∇≦)b

IMG_6704

◆長崎(対馬)穴子 【8日熟成】
ふわっふわの穴子ちゃん❤️幸せ過ぎます〜(*´▽`*)

IMG_6706

◆宮崎(西米良)西米良サーモン 【14日熟成】
脂ノリノリなのにめっちゃまろやか〜(*´▽`*)
サーモンのふくよかさと紅鮭の締まった身の中間ぐらいで、
酒呑みにはたまらんやつ♪

IMG_6707

◆熊本(天草)赤貝
食感がたまらない赤貝は新鮮さで勝負!!

IMG_6709

◆無濾過 純米吟醸 たけそのぱんだ祭り(佐賀)
思わず見惚れる琉球ガラスでいただきます(*´▽`*)

IMG_6712

◆熊本(天草)太刀魚 【9日熟成】
炙り風味がたまらない、肉厚太刀魚!!

IMG_6715

◆大分 吉四六漬け(きっちょむづけ)
コリコリ食感がたまらない吉四六漬けを、香り高い海苔で細巻きに。

IMG_6718

◆長崎(五島)甘鯛昆布締め 【13日熟成】
濃厚な旨味と薫り高い昆布のハーモニー♪

IMG_6720

◆大分 龍の玉子
ほぼ玉子焼きでシャリは脇役という幸せ〜♪

IMG_6722

◆宮崎 鰻
関東風、ふっくら背開きの蒸し鰻♪

IMG_6725

本日のメインディッシュは「ほぼ鰻」でした♡

IMG_6727

◆汁物
ハタのあら汁をまろやかなカボス胡椒で。

「鮮魚」とは対局にある「熟成魚」は、独特のねっとりした食感で旨味が増し
魅力が炸裂!!めくるめく熟成魚ワールドを堪能させていただきました♪

あっ、そういえば20カンぺロリと食べちゃったw

IMG_6683

こちらは大将の気まぐれお子様寿司!
ちょっと足りないなぁ〜なんてぼやいてるツレのために、大将が作ってくれた♪

IMG_6685

IMG_6690


お酒は一合1000円前後で、相当な大酒飲みでない限り、
こちらで15000円使うのは難しそうですw

恐るべきコスパの20カン10000円コースは必食!!

ネタが大きいので、握り寿司で呑めます(≧∇≦)b


IMG_6728

Specal thanks to・・・柔らかな笑顔で行き届いた接客をして下さった女将さん♪
そして、一貫一貫、写真を撮りまくる鬱陶しい客を笑顔で歓迎して下さった大将w

●日本酒メニュー●

IMG_6648

IMG_6649

IMG_6650

IMG_6651

IMG_6652

IMG_6653

IMG_6654

西麻布でまさかの大阪飯!!
和歌山出身のご主人が鉄板焼きで腕を振るう隠れ家ダイニングに行って来ました♪

六本木から西麻布方面へ徒歩7〜8分やったかな?
「君とよくこの店に来たものさ〜♪」(学生街の喫茶店 by ガロ)なーんて
口ずさんでるうちに到着。

IMG_6525

お店は閑静な町並みの中にひっそりと佇んでいました。

IMG_6526

Garo(ガロ)

IMG_6527

店内はカウンターとテーブル・お店の奥のほうには個室が何室かあって
細長くてけっこうな大箱。シックで落ち着いた雰囲気の個室にご案内〜♪

IMG_6528IMG_6529

個室の壁面にはドドンとモニターが置かれて
カラオケボックスみたいなんですけどw

「あたし六本木心中」!って感じなんですけどw
どうやらスポーツ観戦用みたいですね!

IMG_6534

まずは氷結グラスのプレモル(680円)でお疲れちゃ〜〜〜ん☆

IMG_6540

◆キムチ 550円
マスターのおすすめを伺ったら・・・まさかの「キムチ」w
まさか西麻布でキムチをアテに飲む事になろうとは〜なんて思いながらも
素直にお勧めに乗ってみたら、あーた!うま味凝縮!辛いけど甘〜い!!
マスターが惚れ込んだ、大阪・鶴見橋のオモニ特製のキムチだそう!!

IMG_6539

◆水菜とじゃこの梅肉サラダ 770円
ベジファーストもういっちょ♪シャキシャキお野菜にジャコの食感がいいわ〜♪
梅肉の酸味で食欲がモリモリ沸いてヤバイやつ!!

そしていよいよ鉄板焼き!
おすすめの海鮮焼きから行ってみよっ!

IMG_6542

◆海鮮バター焼き
今が旬の素材をおすすめでチョイスしてもらいました♪

IMG_6543

外こんがり中クリーミー!!この白子ヤバイ!!
生涯食べた中で最も美味しい白子かも〜♪

IMG_6544

ぷりっぷりの牡蠣は、頬張ると牡蠣ジュースがじゅわ〜〜〜っ♡

続いてはおすすめの炭火焼きから!

IMG_6551

◆和牛ハラミのわさび塩

IMG_6552

こちらも芸術的な火入れ加減と塩加減!!
そのままでもめっちゃ美味しいんですが、添えられたトリュフ塩
そして青森産にんにくチップで変化を楽しみました♪
にんにくチップ単品でもめちゃ旨っ!!

IMG_6558

◆鍛高梅サワー・生ライムサワー 各750円
ここらでしょいと変わりダネサワーでも。
鍛高梅ははちみつ漬け。肉厚でほどよい酸味と上品な甘さがナイス♪

IMG_6549

◆ホルモン焼き(小腸)タレ
ツレの大好物。ツレ曰く「ここのホルモンはスイーツだ!」

IMG_6583

気が付くと、ご飯と卵黄を追加オーダーして・・・マルチョウ丼w

IMG_6559

◆ヤン
マスターから「ええホルモン入ってまっせー」と囁かれちゃったらねぇ〜
食べるしかないでしょwって事で、ハチノスから繋がった希少部位「ヤン」。
ハチノスの食感とあふれる甘い脂のいいとこ取り!!

IMG_6563

◆梅水晶
年寄りは途中でこんなんを挟みながら、メインディッシュに備えます。
酸っぱコリコリ旨っ!!

そしていよいよお待ちかね!
締めのお好み焼き!

IMG_6565

厨房まえのぞき込みに行っちゃいましたよ〜w
こんなピカピカの鉄板でお料理してるんやね〜!!

IMG_6571

海鮮や豚がてんこ盛り!!じっくり火を通します♪

IMG_6573

そしてふっくら分厚いのが焼き上がりました〜!!

IMG_6577

◆ミックス玉 1500円

IMG_6578

けっこういいお値段やなぁ〜と思ったけど、このボリュームなら納得♪

IMG_6580

ぶりっぶりの大きな海老ちゃんもザクザク入っててめちゃ旨〜〜〜っ♪

IMG_6576

◆加賀鳶(一合・ぬるカン)880円
お腹がふくれて来たので、ここらへんで日本酒にシフト。
北陸カニツアーの際には必ず飲んでた、思い出深い加賀鳶を・・・
まさかの「おでん出し割り」で!!てか赤羽風飲み方やんw

IMG_6570

おでん出汁は関西風、薄口。
七味たっぷりでいただく出し割りはマスターの大好物だそう♪

IMG_6585

◆苺の姿シャーベット 570円

IMG_6588

締めはイチゴに練乳を仕込んで凍らせた、大人のデザート♪

帰りしなマスターに「おおきになー」と見送られましたw

西麻布で出会った、鉄板の達人が生み出す大阪飯!!
いい意味で「六本木らしくない」
めちゃめちゃ楽しいひとときでした♪



●MENU●

IMG_6530

IMG_6531

IMG_6535

IMG_6536

IMG_6537

IMG_6538

泣く子も黙る。

マツコも黙る。

芸能界の大御所・和田アキ子さんのお店。銀座・わだ家さんへ初訪問♪

IMG_5621IMG_5664

お菜屋 わだ家 銀座店

自動ドアのあっこさんの手形に触れるとドアOPEN!!
あっこさんの実物大の素足の足型(26.5cm!?)に誘われて店内へ!!

IMG_5627IMG_5626

まず迎えてくれるのは、美しくディスプレイされたオリジナルワイン!
店内はシックな落ち着いた空間に、しっくりなじむように著名人のサインも多数!
ちょっと非日常の世界に迷い込んだようなドキドキ感♪

IMG_5643

まずは食前に、梅昆布茶か甘酒のサービス。
私のチョイスは梅昆布茶。梅の実がたっぷり!昆布の旨味もたっぷり!
胃袋がフルスロットルで起動する、めちゃ旨な梅昆布茶でした♪

IMG_5644

まずは泡でお疲れシャ〜〜〜〜ン☆

IMG_5646

◆前菜三種盛

小松菜いくら シャキシャキの小松菜は薄味で、イクラとマッチ!
ワカサギ南蛮 控えめな酸味ながら完璧に漬かってて、骨の芯まで柔らか〜♪
ごま豆腐 濃厚なごま豆腐をワサビでサッパリと。

IMG_5650

◆和菜サラダ

三日月のような器に美しく盛り付けられた彩り野菜たち。
和風のドレッシングに塩昆布のアクセント。
ビーツやハスイモの独特の食感が楽しいですね〜♪

IMG_5653

◆エビス生

泡瞬殺につきw
やっぱり私はここに戻るww
うすはりグラスにシルキーな泡!!
銀座に来た〜〜〜っ!!ってのを感じる、とびきり美味しい一杯!!

IMG_5656

◆冷アッコ
とろ〜っとした自家製豆腐は安定感のない、底が丸い器で登場。

IMG_5658

芸能界の大御所、あっこ様に料理を提供する時に、緊張のあまり、
器がグラグラしてしまったシーンをイメージしたものなんので「冷アッコ」

IMG_5657

パリパリの荒削り本枯れ節がいいアクセントでした!

IMG_5661

◆季節のわらじコロッケ
本来はあっこ様のわらじサイズ26・5cmにしたいそうなんですが
「大きすぎて食べきれない」とのクレームが続出、
その結果、手のサイズ18・6cmの、それでも4人シェア出来るボリューミーな
トロ〜リカニクリームコロッケでした♪

そうこうしてるうちに、テーブルにはお鍋の準備が始まりましたよ。
迎え撃つ、とびきりのお酒もスタンバイしなくちゃです( ̄ー ̄)

IMG_5665

◆澤屋まつもと

IMG_5669

◆わだ家流 豚のしゃぶしゃぶ
三種の銘柄豚の、バラと肩ロースの食べ比べ!

IMG_5666

お出汁は濃い色。何と油かすが使われてますよ。食べる前から旨いの確定やん♪

IMG_5670

食べ方のご指南に従い、まずはお出汁からいただくと・・・
関西風の鰹と昆布ベースの、柚子香る甘口のお出汁!!
旨すぎるぅ〜〜〜!!
出汁だけで延々と呑めますよまじで(≧∇≦)b

IMG_5671

白髪ネギと水菜に、豚肉を覆いかぶせるように乗せ、
弱火でアクが出ないようにコトコト加熱するのがわだ家流。

IMG_5672

まずは「秋田ポーク」柔らか〜く、甘い脂身の余韻が残りますね〜!!
そのままお出汁だけでいただいてもバリ旨なんですが、
「黒胡椒・柚子胡椒・京都の黒炒り七味」好みで3種の薬味で味変も楽しめます♪

IMG_5674

続いては、長野・幻の信州雪豚
その名の通り、透き通るような透明感のある、あっさりと甘い脂身がめちゃ美味しい!

IMG_5676

茨城・美豚(ヴィトン)は、まさに「ブランド豚」!!
きめこまやかなシルキーな肉質!!

バラ肉で脂の旨味を堪能したあとは、「肩ロース」で、赤身の美味しさも再認識♪
豚が大好きになる、豚愛を感じる食べ比べセットでしたわ〜♪

IMG_5687

お出汁が美味しすぎたので、締めラーメンを追加!!

IMG_5688

めちゃめちゃ旨かった〜(*´▽`*)

IMG_5679

◆大トロサバの一夜干し

これまた強烈なお酒のアテの登場。
こりゃ呑まないわけには行きませんねw

IMG_5678

◆上喜元

IMG_5681

静岡・沼津産の、脂ノリッノリのサバはまじでお酒泥棒やぁ〜〜〜ヽ(=´▽`=)ノ

IMG_5682

◆土鍋ごはん わだ家の吟味米 
土鍋で炊き上けたお米は、蓋を空けるとツヤッツヤ〜〜〜!!お米が立ってる〜〜〜!!
1合半でお茶碗3杯半ありとのことで、4人で締め飯にシェアするにはちょうどいい量。

IMG_5684

あおさのお味噌汁とトロサバで、これだけでも贅沢な晩ごはんですわよ( ̄ー ̄)

IMG_5691

◆甘味〜塩アイス
あっさりした甘みの塩アイスで締めて、超〜お腹いっぱい!!ご馳走様でした!!


美味し〜〜〜い!
まじ美味し〜〜〜い!

そんな言葉を連発してたら、「一生分の美味しいいただきました〜♪」とお姉さん。
担当してくれたお姉さんはまだすっげー若いのに、心地よい距離感の接客が最高!

IMG_5693

帰りしな、一人ひとりにメッセージをいただき、あらためて余韻に浸りながら
帰途につきました。
大御所あっこ様が直々に育て上げたスタッフさんは、
どなたも気配りの素晴らしい人ばかりでしたよ。

両さん像が点在する「こち亀」の町、亀有。

IMG_4873

両さん像も好きですが、あたしゃこの謎の銅像が一番好き♡

IMG_4874

たぶん亀がひっくり返ってるんだと思うんですが。

IMG_4872

なぜかプレートがひっぺがされてるので真偽の程は不明ですが。

IMG_4876

そんな銅像を横目で見ながらテクテク歩いてると見えてくる
「鶏がら醤油らーめん」のでっかい看板♪

IMG_4899

らーめん 一辰

IMG_4877

まずは券売機で食券をば。

IMG_4878

おっ、予告通り「塩らーめん」が仲間入りしてた〜ヽ(=´▽`=)ノ
ボタンはなかったけど、ワンタン麺も出来るって事なので、現金で+150円
「塩ワンタン」を発注!!

IMG_4880

ラーメン屋さんではなかなかレアなおしぼりサービス。これはめっちゃ嬉しいね♡

IMG_4882

◆塩ワンタン麺 900円

IMG_4883

黄色みがかった清湯スープからいただいてみると・・・うをっ!!鶏が濃〜い!!
醤油ではタレに隠れてた、ふくよかで奥深い鶏の旨味がダイレクトにキタ〜〜ッ(≧∇≦)b
スープにはモミジも使ってるとの事で、なるほど、とろみもあって、奥深〜〜〜い!!

IMG_4885

細ウエイビー麺。体に優しそうなこの麺は賛否両論かな?
柔麺好きなあたくしにはドストライクですけどね〜!!

IMG_4889

とぅるんとるんのシルキーで繊細なワンタンは3つ入り。
餡はあらびきミンチ、シイタケと、シャクシャク食感のレンコン的なものは・・・
まさかの「◯◯◯」!!書いちゃうとおもろくないから書かんでおこーっとw
※ヒント→タイ人の前で女の子は口に出してはいけません!って余計わからんかw

IMG_4894

チャーシューは食感の違う、モモ&バラの二種類!

IMG_4895

ピンク耳バラチャーは香ばしくてめちゃ旨かった〜♪

そのうち、チャーシューの切り落としで炒飯やるかもだって〜!!
めっちゃ楽しみや〜〜〜ん!!

IMG_4897

てか海苔Rollinウマ〜〜〜ッって感じでご馳走様っ!!

IMG_4898

あーあ、飲んでもうた。

でも罪悪感ゼロ。

毎日でも食べたいラーメンです♪


今後は清湯煮干しもリリース予定だとか。
研究熱心なご主人の生み出すラーメンは
今後も目が離せませんわ〜(`・ω・´)b